サンクチュアリ。

セッションルームのお掃除は

いつもセラピスベイを数滴落とした聖水で水拭きしています。


空間や場所のクリアニングは

とても大切に思っています。


特にただいまは

春分前の大浄化シーズン。


先日のバイオの勉強会でも、

触れることを生業にしているわたしたちの、

日々の「祓い清め」が非常に大事だと感じました。


魚座シーズンの乙女座満月からのテーマです。


場、環境、精神
エネルギーを調えること。


そんなときに
バイオの同期の岡田くんのblogを読みました。


バイオダイナミクス オステオパシーの創始者

ということは、ジムの言葉。

それを訳してくれたもの。


英語できるってやっぱりいいですね。


SANCTUARY

Your treatment room will become a silent mirror.
Having a reflective environment in which to work requrires personal attention to the quality and atmosphere of the treatment room. My treatment room is a sacred space where I give myself 100 percent to God and this work. I clean it and care for it; the room is like a church for me. It helps me remember my responsibility and aim. When I am off center I go there and it quiets me. Attend to your treatment space and over time your room will build character and will heal you.
Each night as you close the door you will feel the Health.

サンクチュアリ(聖域)

あなたのトリートメントルーム(セッションルーム)は沈黙(静けさ)の鏡となるだろう。
反射する環境(光が放射するように神や叡智の力が放射しているような環境)でワークをするためには、トリートメントルームのクオリティ(質)や雰囲気に注意を払うことを要求されます。私のトリートメントルームは聖なる空間です。そこは、私自身の100%を神とこの仕事に捧げる場所です。私はそこを清潔にし、気にかけて丁寧に世話をします。その部屋は、私にとっては教会のようなものです。それは私に私の責任と目的を思い出させてくれます。私が自分の中心から外れてしまった時、私はその部屋に行きます、すると、その部屋は私を鎮めてくれます。あなたのトリートメントルームの空間に注意を払いなさい、すると、時間が経つにつれ、あなたの部屋はそのキャラクター(性質)が出来上がってくるでしょう、そして、それはあなたを癒してくれるでしょう。毎晩ドアを締めるたび、あなたは健全(神)を感じることでしょう。


バイオはテクニックではなくて

「在り方」がとても問われます。


ジムの言葉に

セッションルームを聖なる場に保つことの責任という精神性に深く心打たれました。


そしてカラダも。

身体は魂の神殿ですからね。


自分の身体を愛でること。

耳を傾けること。

ケアすること。

慈しむこと。



すべての存在が 美しく 健やかで しあわせでありますように...。


★リラクセーションルーム please touch me★

新潟/長岡 ときどき 東京/銀座・板橋

クラニオセイクラルタッチ・エサレン・オーラソーマ・オステオパシー


0コメント

  • 1000 / 1000