こどものようにふれる。


昨日のこどもの日は江ノ島の海は子どもたちでいっぱいでした。


5月5日 こどもの日。

改めて調べてみました。


「こどもの人格を重んじ、

   こどもの幸福をはかるとともに、

   母に感謝する」

                

すべての母子に思いを馳せる日なのですね。



さてバイオダイナミクス オステオパシーには「こどものようにふれる」という表現があります。


以前にもシリーズで書いた

《赤ちゃんと子どものためのバイオ》

そこで学んだことです。


自分の持っているものを捨て去り

本質でこどもに触れるといい治療ができる、

ということ。

それはこどもだけでく、

大人であるわたしたち大きなこどもたちに

触れるときにも言えることです。


色々なものをそぎ落として

素の、本当の人間として接する。


そこで一番いい治療が起きるのです。


これすべてにおいて言えることですね。

セッションのみならず。


バイオは在り方だわ。


すべての存在が美しく 健やかで しあわせでありますように...


★リラクセーションルーム please touch me★
新潟/長岡 東京/銀座・板橋

クラニオセイクラルタッチ・エサレン・オーラソーマ・オステオパシー


0コメント

  • 1000 / 1000