火を灯すひと。

前回の続きです。


昨日の練習会で

「ファミリーサークル」という言葉が出てきました。


ファミリーツリーは家系のことですが

ファミリーサークルの魂

光ってる星というのは家族とは限らないそう。



蟹座って家庭的っていわれるけど

ここなのですよね。

蟹座にとっての家族って、血を超えてるの。

家族が家族じゃないのです。


だってヒドラのために死んだのよ。

ヒドラは蟹と別種でしょ。

でも蟹にとっては、ヒドラは誰よりも大切な人なの。




ファミリーサークル

スピ的にはソウルファミリーと似てるのかも。

その人のために、火を灯してくれる存在。


それが一番身近な両親や家族だったら

いいスタートですが


殺人の55%が親族間をいう割合

自分の家族のことも振り返ると

そうはいかない。


家族である必要はないんです。


先生だったり

友達だったり

施術者だったり。



バイオのある先輩は

バイオ創設者のジムがファミリーサークルのひとりだと感じてるそう。



自分を健全にさせてくれる

自分の健全を感じさせてくれる存在。


自分を健全として扱ってくれる存在。



バイオはその人の健全をみます。

病変でなく。


火を灯す

ってそういうことです。


ハートに。



誰かが自分を健全に扱ってくれることによって

勇気が出たり

自分がより成長できて、豊かになれる。



駄菓子屋ののおばさんとか

おばあちゃんとか

お稽古先の先生とか

柔道の師匠とか


なぜかそこにいくと

温かくて

幸せになって帰ってこれる。


(これ蟹座のHOMEそのものですね。)


豊かさとか

幸せ感を与えてくれる存在。


なぜか会うと居心地がいい人たちっていますよね。



何かしら用があると集まる。

魂が同じ種類の人間たち。


同じ魂の入っているグループの仲間。



最終的にそういう集まりに勉強会をしていってほしい

というのがジムとトムの願いみたいです。



「愛が感じられる人たちが集まり

 やるのが勉強会の本来の目的

 色んな人がごちゃごちゃ来るんではなくて

 決まった人が集約していく。」



毎月集う勉強会のメンバー。

そんな気がします。



ファミリーサークルもずっと同じではないそうです。


エネルギーが合わなくなったり

用がなくなったらいなくなる。

本当に必要な人だけが残る。




戻ってきたり、違う人が入ったり。

グループ自体も成長し、変容し、学んでいくのです。


あなたを健全にさせてくれる

あなたの健全を感じさせてくれる存在はいらっしゃいますか?


ご自分を健全として扱ってくれるのは

どなたですか?



なぜかそこにいくと
温かくて
幸せになって帰ってこれる。


豊かさや
幸せ感を与えてくれる存在。


なぜか会うと居心地がいい人。




ハートに火を灯す。



それがわたしたちの仕事であり、奉仕なのです。





すべての存在が美しく 健やかで しあわせでありますように...


★リラクセーションルーム please touch me★

新潟/長岡 ときどき 東京/銀座・板橋

クラニオセイクラルタッチ・エサレン・オーラソーマ・オステオパシー


0コメント

  • 1000 / 1000