薬降る。

激しい雨が続いてますね


この時期生まれのわたし

雨が好き


旧暦5/5端午の節句

今年は6/2でした


“五月五日の午の刻(正午)に雨が降ると

人びとは「薬降る」といって喜んだ…

またその年は五穀豊穣が約束されるのである…

たまった神水と呼ばれる水でもって薬を調合したという…”


ご神水


そう思うと

鬱陶しいと思っていた雨にたいする

想いが変わります


以下、転載


詩人 高橋順子さんのエッセイ

「今日もおくすり日和」


第3回

薬降る


五月五日は端午の節句で、こどもの日だが、

「薬の日」でもあるそうだ。


このころは爽快な時節のはずなのに、

なぜ薬か、といえば由緒があって、

推古天皇が陰暦五月五日に

野に出て鹿の若角を採取する

「薬狩り」の行事を行ったことにちなむという。


のち薬草を摘んだり、

柱に薬玉(くすだま)をかけたりする日になった。


陰暦五月五日の午(うま)の刻(正午)に雨が降ると、

人びとは「薬降る」といって喜んだ。


この日の雨水のかかった薬草はよく効くといわれ、

またその年は五穀豊穣が約束されるのである。


竹を伐り、節の中にたまった神水と呼ばれる水でもって薬を調合したという。


陰暦五月五日は今年は六月六日に当たる。


どんよりした日々がつづき、

いつ梅雨に入ってもおかしくないころである。

湿気がひどく、黴が生えやすい。

体をこわす人もいるので、薬の出番である。


長雨のせいで人は健康を害するのだが、

雨は農産物の生育に欠かせないものであるので、

よほどの暴れ梅雨でもない限り、

むかしの人びとは雨をいとわなかったのではないか。


健康を害するのは、毒虫や悪鬼のせいと考えていたかもしれない。


そのために香りの強い菖蒲や蓬の葉を

軒に差して魔除けにしたり、また菖蒲湯で邪気を去った。


端午の節句と薬の日が同じ日であるのは、

そんなわけである。


元々は梅雨の走りのころだったのである。


小林一茶にこの日の雨をうたった次のような句がある。


鶯の声の薬かけさの雨


なるほど「薬降る」というだけあって、

けさは雨の中に鶯のいい声がまじっている、

すっとするなあ、

と一茶は聞いている。


けふの日に降れく皺の延び(のび)薬

文政五年(一八二二)五月五日は

一茶五十九歳の誕生日。


一茶ならずともアンチエイジング化粧水が

空から降ってきてほしいものである。


薬降(くすりふる)空よとても金にならば

一茶は貧乏人根性が身にしみついている。


いっそのこと金だったら、と溜め息。


江戸時代後期ともなると

「薬降る」といっても、もはや信じられていない。


明治六年(一八七三)から新暦が施行されるようになったのだが、

多分そのころから、この言葉は死語になったと思われる。


ただ「寒九(かんく)の雨」といって

寒の入りから九日目に降る雨を

薬として飲む地方もあるそうだが、いまはどうか知らない。


たかはし・じゅんこ

詩人。1944年生まれ。

出版社に勤務しながら第一詩集『海まで』(牧神社)を刊行。

著書に『お遍路』(書肆山田)、『あさって歯医者さんに行こう』(デコ)など。


【参考URL】

http://pfizerpro.jp/lp/establish-g/useful/essay/03/


死語なんてもったいない

フラワーエッセンスにも通ずる

古の和の心



すべての存在が 美しく 健やかで しあわせでありますように...



★リラクセーションルーム please touch me★

湘南 ときどき 銀座

小田急線線片瀬江ノ島駅徒歩6分

有楽町線銀座一丁目駅徒歩2分

クラニオセイクラルタッチ・エサレン・オーラソーマ


0コメント

  • 1000 / 1000