Being to Being〜存在から出会う、それがセッション。

治療的プロセスは

クライアントと同じように

セラピストにも起こります。


事実、

私達セラピストは

自身の未解決の問題を揺さぶり

それに気づきを与えてくれるクライアント

に惹きつけられる傾向があります。


また、このような時にも

セラピストのエゴから表面的に繕い


完璧なセッションにしようと固執せず

自身の能力に従って自然に振舞い

誠実で正直にいることが最大の努力となるでしょう。


それが<Being to Being/存在と存在>の出会いとなり、

クライアントの扉を開くとにつながるでしょう。


答えはクライアントの中にあり、

またクライアントは自身の方法でそれに近づき

理解を見出していきます。


~CRANIOSACRAL HEALING ART~

テキストより抜粋

http://healingart.jp/healingart.html


★リラクセーションルーム please touch me★

湘南 ときどき 銀座

小田急線線片瀬江ノ島駅徒歩6分

有楽町線銀座一丁目駅徒歩2分

クラニオセイクラルタッチ・エサレン・オーラソーマ


please touch me

beauty & health & happinesss

0コメント

  • 1000 / 1000